病院で処方される更年期障害対策漢方の一例

 

女性ホルモンの分泌量の低下によって起こる更年期障害のほてりや頭痛、イライラといった症状を緩和する対策として病院では漢方薬が処方されることがあります。
ホルモン療法よりも副作用などがないため安全性が高く、まだ卵巣の機能の衰えていないプレ更年期にも利用できるため多くの病院で使われています。
漢方では更年期特有の症状の原因は気の乱れや血の不調と考えて、乱れたバランスを整えるための薬が処方されます。
主に処方されるものは貧血、めまいなどには当帰芍薬散、イライラや不眠の場合には加味逍遙散、精神不安、ストレスを強く感じる場合には柴胡加竜骨牡蛎湯、肩こり、頭痛には桂枝茯苓丸、不眠、胃腸虚弱には抑肝散加陳皮半夏、のぼせ、手足の冷え、便秘には桃核承気湯などがありその人の体質や症状に合わせたものを選びます。
中でも多く治療に利用されているものは当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸となっており月経痛など更年期障害以外の女性の疾患にもよく使用されます。
症状にあったものを選んでも配合されている生薬によっては体質に合わず効果が得られなかったり、症状が重くなることがあるため、一定期間服用して症状の改善が見られない場合には違うものに変更して様子を見ます。

 

治験バイト情報